logo

風俗

    複眼画像RSS

    カテゴリ: ニュース

    1 : サソリ固め(やわらか銀行)@\(^o^)/:2014/07/19(土) 16:02:01.68 ID:ZTYMXo7r0.net ?PLT(13001) ポイント特典

    福原に13歳ソープ嬢がいた! 経営者を書類送検
    当時13歳の女子中学生を神戸・福原のソープランドで働かせたとして、兵庫県警生活環境課と兵庫署が、
    児童福祉法違反(有害目的支配)の疑いで、神戸市兵庫区の経営者の男(44)=売春防止法違反罪で起訴=
    を追送検していたことが16日、捜査関係者への取材で分かった。13歳の少女がソープランドで勤務していたことが
    確認されたのは極めて異例という。

    また、県警は同日午前、この店に女子生徒を紹介したとして、職業安定法違反(有害業務の紹介)の疑いで、
    兵庫県内在住の飲食店経営の男(31)ら3人を書類送検した。

    追送検容疑は、昨年5月ごろ、飲食店経営の男らから紹介された女子生徒をソープランドの従業員として雇い、
    勤務中の外出を禁止するなど支配下に置いたとしている。調べに対し、経営者の男は「成人だと思っていた」
    などと供述しているという。

    捜査関係者によると、飲食店経営の男ら3人のうち1人が女子生徒と知人同士で、他の2人を介して店に
    少女を紹介。女子生徒は、知人の20代女性の身分証明書を提出するなどして採用され、約1週間働いたという。

    女子生徒は「遊ぶお金がほしかった。ソープなら早く稼げると思った」などと話しているという。

    http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1385922868

    ht5my_169429_4-1[1]
    【福原に13歳ソープ嬢がいた! 経営者を書類送】の続きを読む

    1 :FinalFinanceφ ★:2014/07/11(金) 13:38:14.06 0.net
    ソープランドで17歳の女子高校生を働かせ、客に性的なサービスをさせていたとして、
    店長の男が警視庁に逮捕されました。

    児童福祉法違反の疑いで逮捕されたのは、
    千葉市にあるソープランド『A La Carte』の店・中村勝明容疑者(39)です。

    中村容疑者は当時、私立高校3年で17歳の女子生徒を
    18歳未満であることを確認せずに従業員として雇ったうえ、
    去年10月、男性客(40代)に性的なサービスをさせた疑いが持たれています。

    警視庁によりますと、女子生徒は
    『稼いだ金はビジュアルバンドのライブで使った』
    と話しているということです。

    今年2月、同じ女子生徒が働いていた
    都内のSMクラブが摘発されたことから事件が発覚しました。
    http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2246541.html


    17歳の女子高校生を風俗店で働かせていた疑いで、
    39歳の風俗店店長の男が、警視庁に逮捕された。
    児童福祉法違反の疑いで逮捕された、風俗店店長・中村勝明容疑者(39)は、
    2013年10月、千葉市で経営する風俗店に、
    17歳の女子高校生が、18歳の友人のパスポートを提示して面接に来た際、
    写真が別人なのに、年齢確認を怠って働かせ、
    わいせつな行為をさせた疑いが持たれている。
    中村容疑者は、容疑を認めている。
    店は、月に3,000万円前後の売り上げがあり、
    この女子高校生は、3カ月で、およそ40万円を稼いでいたという。
    http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00272384.html

    2[1]
    【ソープランド働く女子高生、稼ぎは3ヶ月で40万円】の続きを読む

    1 : スターダストプレス(WiMAX)@\(^o^)/:2014/07/25(金) 11:49:12.62 ID:IuUM7GMO0.net ?PLT(15444) ポイント特典

    風営法、本籍や国籍調査見直しへ 人権に配慮と警察庁

     パチンコや性風俗など風俗営業店の経営者に対し、従業員の本籍地や国籍を
    記載した名簿を作るよう命じる内閣府令について、警察庁が見直しの検討を始めて
    いたことが25日、分かった。人権やプライバシーの保護を理由に、経営者に義務
    付けていた本籍や国籍の調査を求めないことにする。自民党などからも改正を
    求める声が上がっていた。

     警察庁が所管する風営法は、営業所や事業所ごとに従業員名簿を備え付ける
    よう義務付けている。記載事項は、1985年の内閣府令(当時、総理府令)で、
    性別や生年月日、採用年月日などに加え、本籍地(日本国籍がない人は本人の
    国籍)も必要と規定。
    2014/07/25 11:31 【共同通信】
    http://www.47news.jp/CN/201407/CN2014072501000847.html

    step3_pic[1]
    【パチンコや風俗店の従業員の本籍・国籍調査見直しへ 人権に配慮と警察庁 自民からも改正求める声】の続きを読む

    1 : アルゼンチンバックブリーカー(静岡県)@\(^o^)/:2014/07/19(土) 20:42:43.76 ID:5Tf6iq0r0.net ?PLT(12121) ポイント特典

    東京の繁華街に今、若い韓国人女性が働くガールズバーが急増している。
    その一軒を覗いてみると、コの字型のカウンターに入った10人ほどの若い女性たちがカタコトの日本語と英語を
    交えながら、サラリーマンたちと楽しそうに会話していた。かなり繁盛している様子でリピーターも多いという。店の関係者が明かす。
     
    「実は店に若い子たちが増えたのは、ワーキングホリデービザの厳格化のおかげなんですよ」
    ワーホリ制度は二国間協定により相手国の若者に自国で一定期間の休暇を過ごすことを認めるもので、
    滞在費を補うための就労も認めるビザが発給される。日本と韓国との間では1999年から実施され、
    18歳以上25歳以下が原則だが、実際には30歳まで認められてきた。
     
    ところが、今年4~6月期の26歳以上の審査合格者はほぼ0%と、一気に年齢制限が厳格化されたのだ。
    その理由について韓国聯合ニュースは、〈ワーキングホリデーを口実に日本の遊興場で働き摘発されたケースが非常に多いため、
    日本政府が措置を取ったとみられる〉と報じている。
     
    実際に昨年6月には、ワーホリビザで日本に入国し、風俗店で働いていた28歳の韓国人女性が逮捕される事件が起きている。
    で、ガールズバーのガールたちも大幅に若返っているというわけなのだ。
    同ビザは風俗店で働くのはNGだが、ガールズバーはあくまでも飲食店扱いなのでお咎めナシ。韓国人女性の間で人気のアルバイトとなっている。
    「ワーホリで来日する女性は身元や学歴が厳しく審査されるので良家のお嬢様が多い」(ビザ申請代行業者)
     
    お役人の規制強化はだいたいロクなことにならないが、今回は意外な経済効果を生んだようである。

    http://news.livedoor.com/article/detail/9060471/
    S1299832131236_1[1]

    【韓国女「ビザ厳しいから日本の風俗で働けないニダ…そうだ、ガールズバーで働くニダ!」 東京で急増中】の続きを読む