logo

風俗

    複眼画像RSS

    カテゴリ: ニュース

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2017/02/23(木) 06:59:04.39 ID:CAP_USER9
    広島を拠点とするデリヘルチェーン「カサブランカ・グループ」の代表・長谷川華さんから
    「すごいお店を作ったんよ、女の子もお客さんもすぐに集まった」と話を聞いたのは4~5年前のことだった。
    どんなお店ですか? と尋ねると、「50歳前後の女性キャストが在籍するお店」と返ってきた。それが「五十路マダム」である。
    40~60代の女性が在籍するお店はそこから急成長を遂げ、現在、北は仙台から南は熊本まで20店舗を展開する。
    風俗業界では長らく「40歳の壁」と言われ、その年齢を過ぎると女性は途端に稼げなくなるとされてきた。
    しかし、ここに集まっているのは「ほかの仕事では稼げなかった」女性たちである。
    人生の折り返し地点を経て、身ひとつでサバイブしている彼女らは、いったいどんな半生を送ってきたのか。その実像に迫る。

    この記事の写真を見る

    ■20歳で結婚、すぐに介護が始まった

    佐野しのぶさん(51歳、仮名)は熟年離婚をして生活に困るようになるまで、性風俗は、自分とはまったく無縁で、しかも若い女性が就く職業だと思っていた。

    20歳という若さで結婚し、すぐに2児に恵まれた。職人の夫は20歳も年上だったが、円満な家庭生活を送っていた。
    しかしその両親は年老いていて、ほどなくして彼らの介護が始まる。
    夫は兄弟が多かったがほとんどが未婚で、佐野さんひとりが介護の担い手となった。

    「当時は、まだ子どもが小さくて手がかかっていました。しかも下の子には障害があるので、ほかの子よりもよく見てあげなければいけなかったんです。
    そこに介護が加わると、毎日がてんやわんやで、あっという間に終わりましたね。夫は職人肌で、家のことは何もしない人でしたし」

    義理の両親が亡くなり介護が終わったかと思えば、夫の兄弟の介護が始まり、さらに自身の両親の介護までが、佐野さんひとりにのしかかる。
    長男が手を離れてからは、家計の足しになればと看護助手のパートにも出た。
    すべての時間を家族のために捧げ、息をつく暇もなかった。そんな結婚生活を四半世紀近く続けていたが……。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170223-00159534-toyo-soci
    東洋経済オンライン 2/23(木) 5:00配信
    20170223-00159534-toyo-000-4-view

    【【社会】風俗店で50歳女性が意外な人気を博す理由】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2017/02/25(土) 18:41:23.09 ID:CAP_USER9
    「美少女専門店」をうたった都内のデリバリーヘルス(派遣型風俗店)が先日、売春防止法違反で摘発された。
    売春をあっせんして数億円を荒稼ぎしていたというのだが、どこまでが「セーフ」でどこからが「アウト」なのか。人には聞きづらい「ボーダーライン」を探った。

    警視庁保安課に売春防止法違反の疑いで逮捕されたのは、東京都台東区のデリヘル「ラブフェアリー」経営者の男など計6人。
    18~37歳の女性約100人が在籍する人気店で、2014年3月~今年2月の売り上げは約8億4000万円に達するという。

    容疑者らは常連客に対して非公式の電話番号が書かれた会員証を渡し、女性従業員との間を取り持っていたとみられている。
    料金は60分2万円で、ホームページでは「厳選された美少女専門店」として、セーラー服などのコスプレサービスもあったという。
    いずれも容疑を否認し「売春は禁止しており、店側に責任はない」などと供述している。

    「性交類似行為」のサービスを行うとされるデリヘルだが、実は「本番アリ」の店も少なくないという。
    過去数千万円を風俗につぎ込んだという40代の自営業男性は「デリヘル嬢のうち、10人中5~6人は本番OKという印象がある。
    正規のプレー代とは別に金額が発生し、額は交渉によっても変わるがだいたい2万~3万円」と明かす。

    本番行為の違法性について、弁護士の高橋裕樹氏は
    「ソープランドの場合、店側は『場所を貸しているだけで、客と従業員の性行為は両者の〈自由恋愛〉の結果だ』という立場を取っている」と説明する。
    ただ、売春防止法違反(場所提供)でソープが摘発されることもある。

    「本番デリヘル」についても、高橋氏は「客と従業員の間だけで交渉が行われていたということであれば、罪に問われる可能性は低い」が、
    前出の自営業男性によると、店側が事情を把握しているケースもあるという。

    「毎週続けて5回も行けば、会員証がもらえるところもあり、非公式の電話番号を渡されることも珍しくない。
    こうした点が『あっせん』と判断されれば、手入れの対象はほかにも広がるだろう」(自営業男性)

    危険な遊びにはくれぐれもご注意を。

    http://news.livedoor.com/article/detail/12721899/
    2017年2月25日 17時12分 ZAKZAK(夕刊フジ)

    【【社会】摘発「本番デリヘル」アウトとセーフの境界線 店側から危険な誘い、非公式な電話番号を…】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2017/02/24(金) 18:36:00.48 ID:CAP_USER9
    福岡・中洲の風俗店情報を発信する「福岡風俗情報誌 マンマンデラックス」が、映画「君の名は。」のパロディーイラストや見出しを披露している。

    イラストでのディテールのこだわりようは、ネットユーザーに「センス良い」「欲しい」と絶賛されるほど。一体どのような経緯で制作されたのか、同誌編集部に取材した。

    編集部担当者、「君の名は。」を6回も鑑賞

    「ネットのトレンドには常にアンテナを張っている」

    マンマンデラックス編集部の担当者は、自信ありげにこう説明する。2007年に創刊。
    姉妹誌の「九州風俗情報誌月刊マンマン」がソープランド・トクヨク(ファッションヘルス)・デリバリーヘルス(デリヘル)・風俗アロマ・出会い系・高収入求人など、
    あらゆる業態を網羅的に取り上げるのに対し、マンマンデラックスはデリヘルに特化しているという。
    毎月10日、福岡中心部のコンビニやDVDショップ、一部書店に100円で最新号が並ぶ。

    そんな同誌が突如注目を浴びたのは、17年2月21日ごろ。
    あるツイッターユーザーが、「君の名は。」のパロディーイラストが表紙を飾る最新号(2月10日発売)を紹介したのがきっかけだ。これが急速に拡散し、

    「センス良い」
    「これ欲しい」
    「オモロイ」

    と称賛の声を集めた。

    「君の名は。」の公式ポスターに酷似したレイアウトと、新海誠監督によく似た男性のイラスト、
    テーマ曲のタイトル「前前前世」をもじったとみられる表紙下のキャッチ「げんげん元気になる女の子カタログ」。大きな見出しには「店の名は?」とある。



    http://news.livedoor.com/article/detail/12717880/
    2017年2月24日 17時32分 J-CASTニュース

    https://news.nifty.com/cms_image/news/domestic/12144-291552/thumb-12144-291552-domestic.jpg
    http://cdn.kdkw.jp/sp/kiminona/img/related_item_4_ph.png
    9c921_80_c456d93b_6174ff9a

    【【地域】風俗情報誌 マンマンデラックスが「君の名は。」パロディ 「店の名は?」「げんげん元気に...」】の続きを読む

    1: ◆HeartexiTw 胸のときめきφ ★(★ 99cb-Itbt [104.199.227.129]) 2017/02/21(火) 07:33:18.77 ID:CAP_USER9
    下半身にプレミアムとはならないのかも。政府が消費喚起や
    働き方改革の一環として打ち出した「プレミアムフライデー」が、
    いよいよ今週金曜(24日)から始まる。これは毎月最終金曜は
    退社時間を午後3時にしようというもの。政府としては
    仕事を早めに切り上げた後、友人や家族と会ったり、
    旅行に出かけたりという過ごし方を想定しているが、
    少なからぬ殿方は明るいうちからヌキに行きたいはず。
    風俗業界はどうなるのか。

    *+*+ 東スポWeb +*+*
    http://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/social/653890/ 
    VIPQ2_EXTDAT: default:vvvvvv:1000:512:----: EXT was configured

    【【経済】プレミアムフライデーで週末限定の風俗嬢が激増!?】の続きを読む

    1: ◆CHURa/Os2M@ちゅら猫φ ★ 2017/02/14(火) 14:24:29.58 ID:???
    ★デリヘルで売春容疑捕、2年で8億超の売り上げ
    [2017年2月14日12時9分]

    デリバリーヘルス(派遣型風俗店)を装い売春をあっせんしたとして、 警視庁保安課は14日までに売春防止法違反の疑いで、東京都台東区、 「ラブフェアリー」経営及川公一(39)、店長阿部雅史(38)の2容疑者と、 従業員の男女4人の計6人を逮捕した。

    保安課によると、同店は18~37歳の女性約100人が在籍する人気店で、 2014年3月~今年2月、約8億4千万円を売り上げたとみられる。

    いずれも容疑を否認し「売春は禁止しており店側に責任はない」などと供述している。

    逮捕容疑は2月11日、在籍する女性(23)を近くのホテルに派遣して 60代の男性客に引き合わせ、売春をあっせんした疑い。

    料金は60分2万円で、同区根岸1丁目のマンション一室が事務所兼女性の待機場所だった。 http://www.nikkansports.com/general/news/1778853.html

    【【東京】デリヘルで売春容疑捕、2年で8億超の売り上げ [02/14]】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2017/02/13(月) 07:46:46.13 ID:CAP_USER9
    12日、岐阜県警は売春防止法違反の疑いで、岐阜市の「金津園」のソープランドを家宅捜索し、経営者や従業員ら合わせて5人を逮捕しました。

    逮捕されたのは、岐阜市加納水野町のソープランド「すずめの宿」の経営者和田久仁子容疑者とアルバイト従業員の中嶋誠之容疑者ら合わせて5人です。

    岐阜県警によりますと、和田容疑者ら2人は昨年10月から11月にかけて、中嶋容疑者ら3人は12日、
    それぞれ、女性従業員が客相手に売春すると知りながら、店の個室を使わせた売春防止法違反の疑いが持たれています。

    昨年4月に匿名の電話で岐阜県警に情報提供があり、12日、店舗などを家宅捜索しました。

    警察の調べに対して5人は「間違いありません」と容疑を認めているということです。警察は、売上金が暴力団に流れていないかどうかについても詳しく調べる方針です。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170213-00001866-cbcv-soci
    CBCテレビ 2/13(月) 6:57配信

    【【社会】岐阜・金津園のソープランド摘発、岐阜県警 売春防止法違反の疑い】の続きを読む