logo

風俗

    複眼画像RSS

    カテゴリ: ニュース

    1: かばほ~るφ ★ 2018/02/02(金) 13:47:20.39 ID:CAP_USER9
    「ハグし放題」ネット上で集客、女子高生と客にみだらな行為させる 容疑で風俗店経営者ら再逮捕/県警


    女子高校生と散歩ができるとうたった店を営むなどしたとして男らが逮捕された事件で、
    県警繁華街・歓楽街総合対策推進本部と大宮署などは1日、児童福祉法違反などの疑いで、
    風俗店経営の男(33)=東京都中野区=ら3人を再逮捕した。

    再逮捕容疑は昨年10月28日、インターネット上で「恋愛リフレ」と称した
    デリバリーヘルス店などを運営。さいたま市大宮区のホテルで18歳に満たない
    女子高校生を50代男性客に買春相手として引き合わせ、みだらな行為をさせるなどした疑い。

    同本部によると、同店は昨年10月から、インターネット上で「ハグし放題」をうたって集客。
    女子高校生を買春相手として引き合わせるなど、いわゆる「JKビジネス」を営んでいたとみられている。
    3人は容疑を否認しているという。

    男らはインターネット上で「JK Walker」と称した店を営んで、
    女子高校生を男性客に買春相手として引き合わせるなどしたとして、逮捕されていた。

    埼玉新聞
    http://www.saitama-np.co.jp/news/2018/02/02/02_.html

    【【埼玉】「ハグし放題」をうたってネット上で集客、女子高生と客にみだらな行為させた疑い 風俗店経営者ら3人を再逮捕】の続きを読む

    1: みつを ★ 2018/01/29(月) 01:53:11.58 ID:CAP_USER9
    http://www.afpbb.com/articles/-/3160254?cx_position=1

    2018年1月28日 23:13 発信地:バンコク/タイ
    【1月28日 AFP】タイの首都バンコクでは、風俗店が客の「入浴」用に地下水を違法にくみ上げ、地盤沈下を招いている可能性があるとして、警察が大規模な取り締まりを進めている。

     同地では、マッサージパーラーとよばれる風俗店「ビクトリアズ・シークレット(Victoria's Secret)」に人身売買の疑いで強制捜査が行われ、未成年者を働かせていたことが発覚。合わせて役人らに贈られた賄賂を記した台帳、地下水をくみ上げて水道代の支払いを回避していた証拠などが見つかったことを受けて、今回の取り締まりが行われた。

     環境当局者は、違法な水のくみ上げがチャオプラヤ(Chaophraya)川沿いの低地に広がるバンコク市街の地盤沈下の一因となっていると指摘。今回、浴室数十室を備えた大規模な風俗店であるマッサージパーラー40店舗超が盗水の疑いで捜査を受けている。

     天然資源・環境省の犯罪取締部の副部長は、バンコクの悪名高い歓楽街にあるマッサージパーラー「エンバシー・エンターテイン(Embassy Entertain)の強制捜査を控えて記者会見を行い「店内に入って各部屋の水質検査を実施する」と説明。検査によって合法的な水道水か、違法にくみ上げた地下水か判別できるという。

     専門家らは、主に海面上昇と地下水のくみ上げという要因により、バンコクの一部地域が2030年までに浸水する恐れがあると警鐘を鳴らしている。

     違法な地下水のくみ上げは、バンコクが急速に発展した数十年前に爆発的に増加。ただ近年は、地下水の使用を規制する取り組みが奏功し、ピーク時の1970年代後半には年10センチ前後だった地盤沈下のペースが劇的に鈍化した。

     その一方で風俗業界は、組織的な賄賂や規制の抜け穴を利用して繁盛を続けており、風俗店が未成年者の雇用や人身売買に関与しない限り、警察も目をつぶっている。

     また繁栄する風俗業界から見返りとして役人へ賄賂が渡されているとの疑惑がたびたび浮上するものの、富と地位が強力な盾となる同国では、警察が追及を受けることはめったにない。(c)AFP

    【【タイ】地盤沈下は風俗店の「入浴」用水が原因? 警察が取り締まり作戦】の続きを読む

    1: 胸のときめき ★ 2018/01/27(土) 01:46:35.49 ID:CAP_USER9
    ナインティナインの岡村隆史が1月25日深夜に放送された『オールナイトニッポン』(ニッポン放送系)において、20日に福岡で行われた「博多華丸・大吉27年周年記念公演」について語った。

     この公演にはバカリズムも出演しており、25日放送の『オールナイトニッポンPremium』(同)では、打ち上げの様子を報告している。博多大吉が気を利かせて、岡村の隣に女子アナウンサーを
    座らせてお見合いをさせようとするも、人見知りの岡村は女性に向き合わず、前の席にいた水道橋博士とお笑いの話をするばかりだったという。さらに、深夜2時に岡村はきっかりと帰ったので、その後に風俗へ行ったのではないかと話した。

     この話を受け、岡村は風俗へ行ったことをあっさりと認めた。「1万6千円の店と2万8千円の店があったが、2万8千円の方の店へ行った」「店舗型の店へ行こうと思ったが、まわりがやめろというので、
    デリバリー型の店を選んだ」「去年はタトゥーの入った女性が来たが、今年はガーターベルトの女性が来た」といった様子を細かく報告。バカリズムも「(性風俗店にまつわる)全国タクシーみたいなカードを持っていた」と暴露した。
    さらに、自身が性風俗店へ行くのは「自分が潜入調査官であり、仕事として行っている」とも弁明した。

    https://npn.co.jp/article/detail/72937836/

    【【芸能】ナイナイ岡村、風俗通いは「仕事」と釈明】の続きを読む

    1: すらいむ ★ 2018/01/16(火) 17:50:59.71 ID:CAP_USER9
    女子高生ホテル派遣…JKリフレ経営者逮捕

     無店舗型の「JKビジネス店」で、17歳の女子高校生に客の男とみだらな行為をさせたとして、経営者の男が逮捕された。

     警視庁によると、JKリフレ店「さくら戦士リフレ大久保店」の経営者・田村洋平容疑者は、去年8月、当時17歳の女子高校生が18歳未満と知りながら、新宿区内のホテルに派遣して、客の男とみだらな行為をさせた疑いがもたれている。

     店は、60分9000円などと料金を設定していたが、これはすべて店側に入り、女子高校生は「裏オプション」という性的なサービスをしなければ収入が得られない仕組みだった。

     また、10人程いた女性従業員のうち、5人が18歳未満だったという。

    日テレNEWS24 2018年1月16日 17:32
    http://www.news24.jp/articles/2018/01/16/07383068.html

    【【東京】女子高生ホテル派遣…JKリフレ「さくら戦士リフレ大久保」経営者逮捕 「裏オプション」なければ収入得られない仕組み】の続きを読む

    1: 孤高の旅人 ★ 2018/01/21(日) 21:52:04.60 ID:CAP_USER9
    山口組最高幹部、風俗情報誌の権利めぐり男性脅す…静岡県警、強要容疑で男女10人逮捕
    2018.1.21 18:00
    www.sankei.com/smp/affairs/news/180121/afr1801210008-s1.html

     静岡県警は21日、風俗店の無料情報誌や案内所の権利を返還するよう脅したとして、強要の疑いで、指定暴力団山口組系六代目清水一家総長、高木康男容疑者(69)=同県焼津市八楠=と、住所不定の会社役員、杉本悦弘容疑者(49)=有価証券虚偽記入罪などで公判中=ら男女10人を逮捕した。高木容疑者は山口組若頭補佐で最高幹部の一人。

     10人の逮捕容疑は、2016年11~12月ごろ、静岡市の繁華街で無料配布している風俗情報誌の発行権や無料案内所の運営権を、同県の男性(50)から元権利者の杉本容疑者に返還させようと共謀。同市葵区の貸会議室などで男性を脅迫し、杉本容疑者に権利を譲渡させた疑い。
     県警によると、杉本容疑者は情報誌などの利益から月百数十万円を同県の暴力団に支払っていたが、11年に権利が男性に移ると、支払いが止まったという。県警は資金源を取り戻すため権利返還を迫ったとみている。

    【【静岡】山口組最高幹部、風俗情報誌の権利めぐり男性脅す…静岡県警、強要容疑で男女10人逮捕】の続きを読む

    1: みつを ★ 2018/01/20(土) 08:01:59.34 ID:CAP_USER9
    http://www.afpbb.com/articles/-/3159266?cx_module=latest_top

    2018年1月20日 5:34 発信地:タイ
    【1月20日 時事通信社】タイの首都バンコクにある風俗店で、未成年者や人身売買で連れて来られた女性が売春を強要されていたことが明らかになり、法務省特別捜査局が捜査に乗り出した。

     特別捜査局は12日、ミャンマー人少女が働かされていたという告発を受けて店を強制捜査し、経営陣ら8人を逮捕。店内にいた女性113人のうち、少なくとも13人は18歳未満の人身売買被害者だった。

     女性は大半が外国人で、ミャンマー人92人、ラオス人14人、タイ人4人、中国人2人、国籍不明1人。不法入国の発覚を恐れ、店から逃げられなかった。また、売り上げの半分を店に納めるよう求められていたほか、仕事道具や日用品、飲食物を店で高い価格で買わされていた。

     告発したNPO「反人身売買同盟」や捜査当局によると、風俗店が人身売買業者に「商品を注文」。業者が店の求めるタイプの女性を探し、マッサージ師やウエートレスの仕事とだまして働かせていた。(c)時事通信社

    【【タイ】未成年に人身売買被害者 売春強要、風俗店摘発 バンコク】の続きを読む