logo

風俗

    複眼画像RSS

    カテゴリ: ニュース

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2017/11/03(金) 21:08:28.01 ID:CAP_USER9
    元五輪スノーボードハーフパイプ日本代表の今井メロ(30)が3日放送のフジテレビ系「金曜プレミアム キテレツ人生!第6弾」(金曜・後7時57分)に出演。
    精神科への入院、自殺未遂など壮絶な過去をテレビ初告白した。

    6歳から始まった父親の「24時間スノボ漬け」にするスパルタ過ぎる教育で心が疲弊していった今井。
    2002年には父親から離れ、児童相談所へ。
    鬱状態となり、精神科に入院もしていたという。

    しかし、スノボの練習に全てを捧げた結果、05年のスノーボードW杯に優勝。
    世界ランク1位の“天才少女”として06年トリノ五輪に出場も予選敗退の惨敗。
    「税金の無駄遣い」「日本の恥」などとバッシングを受けたことで完全に心が壊れたという。

    家から出られない引きこもり生活が半年続き、五輪から1年後には「普通の女の子になろう。キラキラした世界に入ろう」と大阪でホステスに転身。
    ホストクラブで500万円を散財。貯めていた五輪時のスポンサー料も使い切った頃、「今井メロ、風俗嬢に」という週刊誌報道も出た。

    「友達の結婚式にご祝儀を包みたくて、3日間、風俗店で働きました」と風俗店勤務も事実だったことを明かした。

    しかし、「生きているのがバカみたいになった」とリストカット。「この世を絶ちたいと思ったんです」と自殺未遂に及んだことも告白した。
    「何度くらいしたかな。数がもう分からない」と数多くのリストカットの跡をテレビカメラの前で公開した。

    「母の涙を見て、自分がバカだったことが分かった。子供たちにお母さんのすごい姿を見せたかった」と振り返った今井。
    2度の結婚、離婚を繰り返し、現在、2人の子供を育てるシングルマザーの今井は今年、
    スノーボード全日本選手権に電撃復帰。4日間の練習で優勝を飾る快挙を成し遂げている。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13842385/
    2017年11月3日 20時30分 スポーツ報知
    50679_60_e7c025eb666ef6636541dc7d0f0891c3

    【【テレビ】今井メロ、自殺未遂と風俗店勤務の過去激白「この世を絶ちたいと思った」リストカットの跡も公開】の続きを読む

    1: ばーど ★ 2017/11/02(木) 00:49:28.42 ID:CAP_USER9
    神奈川県座間市の遺体切断事件で、死体遺棄容疑で逮捕された無職白石隆浩容疑者(27)とみられる男が約1年前、風俗店に紹介した女性に店からの給与約200万円を渡さず、金銭トラブルを起こしていたことが1日、風俗店関係者の男性への取材で分かった。

     男性によると昨年秋、「白石」という名前のスカウトに風俗店を紹介された女性から「店からの給与が支払われない」と相談を受けた。男性が店に問い合わせると「スカウトに渡した」と話した。

     このため、男性が女性と一緒にスカウトを東京・新宿駅近くの喫茶店に呼び出して問い詰めたところ、最初は攻撃的な態度だったが、「訴訟する」と告げると、約200万円を現金で支払った。

     男性は今回の事件発覚後、白石という名字と、報道された写真から、あの時のスカウトだったと思い、当時トラブルとなった女性に確認を求めると「間違いない」と証言したという。

    配信2017.11.1 21:11
    サンスポ
    http://www.sanspo.com/geino/news/20171101/tro17110121110020-n1.html

    【【座間9人遺体】容疑者、風俗スカウトで金銭トラブルか 紹介女性に給与200万円渡さず 】の続きを読む

    1: 復讐の鬼 ★ 2017/11/01(水) 10:51:45.55 ID:CAP_USER9
    白石容疑者は両親と妹の4人家族。かつては座間市内で一緒に暮らしていたが、数年前に母と妹が家を出ており、
    実家の一戸建て住宅には、父が一人で住んでいた。白石容疑者は、時折父のもとを訪ねていたという。

     父は自動車関連業を営んでおり、一家と旧知の男性(84)は「息子が仕事を手伝ってくれた」と自慢げに話す姿を覚えていると話した。
    一方、黒ずくめの服装で深夜に実家の玄関前に座り込み、携帯電話をいじる容疑者の姿を見たという住民も。

    最近、実家近くに引っ越して来たという若い男性は「この1、2か月で数回(白石容疑者を)見かけた。不気味に感じた」と振り返った。

     逮捕時の職業は「不詳」とされているが、かつては新宿・歌舞伎町で風俗店に女性を紹介するスカウトをしていたことも。
    当時は東京都豊島区内に住居を構えていたという。

    ツイッター上には白石容疑者の名前とともに「裏切りまくりの危険スカウト!」などという「悪評」が掲載され、顔写真も公開されていた。

     事件現場となった小田急相武台前駅から南西約500メートルにある築29年の木造アパートに入居したのは、
    約2か月前の8月22日。家賃は管理費込みで2万2000円だった。関係者の話によると、父とともに入居を急いでいる様子だったといい、
    契約した月の賃料が無料になる「フリーレント」のサービスの恩恵が少ない月末からの入居で契約を決めていた。

     部屋の窓のシャッターは閉められており、いつも換気扇が回っていたと話す人もいた。
    容疑者の入居直後、部屋からは「これまでに嗅いだことのない、下水のような」(同じアパートの住人)異臭がし始めたという。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13829002/

    【【座間死体遺棄事件】容疑者、過去に風俗スカウトで悪評「裏切りまくりの危険スカウト!」としてツイッターにも掲載】の続きを読む

    1: ハンバーグタイカレー ★ 2017/11/01(水) 07:11:36.12 ID:CAP_USER9
     全国の国税局が今年6月までの1年間に実施した所得税の税務調査で、富裕層の申告漏れが総額441億円に上ったことが31日、国税庁のまとめで分かった。

     申告漏れは富裕層対象の調査4188件の8割に当たる3406件で見つかり、追徴税額は127億円に上った。

     1件当たりの申告漏れ額は、調査全体の平均が918万円だったのに対し、富裕層は1054万円と大きな差はなかったが、富裕層で海外取引を利用したケースでは2576万円と高額だった。

     1件当たりの申告漏れ額を業種別で見ると、風俗業(2083万円)が最も多く、次いでキャバクラ(1667万円)、プログラマー(1178万円)と続いた。 

    https://news.yahoo.co.jp/pickup/6259487

    【【国税庁】富裕層の申告漏れ441億円=目立つ海外取引利用 業種別では風俗業がトップ、プログラマーは3位】の続きを読む

    1: 紅あずま ★ 2017/10/29(日) 13:50:22.17 ID:CAP_USER9
    風俗店の寮「すぐ逃げて!」 人身取引、日本人も被害
    朝日新聞:2017年10月29日07時12分
    http://www.asahi.com/articles/ASKB54T0WKB5OIPE011.html

    http://www.asahicom.jp/articles/images/AS20171028002325_comm.jpg 
    AS20171028002325_comm

    http://www.asahicom.jp/articles/images/AS20171028002504_commL.jpg
    AS20171028002504_commL

    スマホで撮影した「債務証明書」を見せる名古屋市の女性(画像の一部を修整しています)
    http://www.asahicom.jp/articles/images/AS20171028002330_commL.jpg
    AS20171028002330_commL


     暴力や脅迫によって強制的に労働させられる「人身取引」事件で最近、日本人被害者の数が増えている。
    風俗店で働く若い女性が、根拠のない多額の借金を背負わされるケースが後を絶たないといい、捜査側は取り締まりを強化している。

     警察庁によると、昨年1年間の人身取引事犯の被害者は46人。うち日本人は25人で、統計を取り始めた2001年以降最多だった。
    日本人被害者は、出会い系サイトなどを利用して売春を強制させられるといった性的搾取が84%を占めた。

     元々、フィリピンやタイなどの外国人女性がだまされ、日本への渡航費用などの名目で多額の借金を負わされたうえ、飲食店や性風俗店で働かされるケースが多かった。

     日本人の被害者が増えたのは、ネットの発達などで女性が性風俗店の募集に直接、アクセスしやすくなり、短期を含めた就労間口が広がったことが考えられるという。
    加えて、取り締まりの強化に伴い、認知件数が増えたことも影響したとみられる。

    ■身に覚えない請求120万円

     名古屋市内の風俗店で、借金名目で法外な請求を押しつけられたり、抱えそうになったりした女性たちを取材した。

     「初心者歓迎、好待遇、寮も貸し出せます」。
    そんなうたい文句を求人サイトで見つけた女性(20)は、働き始めて間もない今年2月、男性社員から寮の契約書と一緒に「債務証明書」を渡された。

     エアコン消毒2万1600円、カギ交換3万4020円、その他72万円――。
    明細には、身に覚えのない計約120万円もの金額が書かれていた。「早くしないと俺も社長に怒られちゃうからさ」。
    1対1の狭い室内で、男性社員から押印を迫られた。無理やりではなかったが、よく意味がわからなかった。

     翌日、印鑑を持って出勤すると…

    残り:1496文字/全文:2210文字
    ※公開部分はここまで
    ※無料登録して全文を読むことが出来ます

    【【社会】風俗店の寮「すぐ逃げて!」 売春などを強制させられる「人身取引」、日本人も被害増加】の続きを読む

    1: みつを ★ 2017/10/22(日) 08:58:02.25 ID:CAP_USER9
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171022/k10011185851000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_001

    21日、沖縄県沖縄市で、警察官が34歳の風俗店従業員を逮捕するため自宅のアパートを訪れて玄関の鍵を開けようとしたところ、この従業員がアパートの裏手で倒れているのが見つかり、その後、死亡しました。警察は窓から飛び降りたと見て、当時の状況を詳しく調べています。

    警察によりますと21日午後5時半ごろ、沖縄警察署の捜査員6人が沖縄市胡屋の34歳の風俗店従業員の男を風営法違反の疑いで逮捕するために、逮捕状を持って自宅のアパートを訪れました。
    3階にある従業員の部屋は玄関の鍵がかかっていて呼びかけに反応がなく、捜査員が業者を呼び鍵を開けようとしておよそ3時間ほどたったころ、大きな音がしたということです。

    警察が調べたところ、このアパートの裏手にあるコンクリートの地面に従業員が倒れていて、病院に運ばれましたがおよそ4時間後に死亡しました。
    部屋から地面まではおよそ8メートルの高さがあり、警察は部屋の窓の格子を外して飛び降りたと見ています。

    沖縄警察署は「部屋にはベランダがなく窓に格子があった。逃走のおそれはないと判断し鍵を開けようとした際に裏手には捜査員を配置していなかったが、捜査には問題はなかったと考えている」としていますが、当時の状況を詳しく調べています。

    10月22日 8時38分

    【【沖縄】逮捕のため警察官が訪れた部屋の風俗店従業員の男死亡 窓から飛び降りか 沖縄市】の続きを読む