<logo

風俗

    複眼画像RSS

    2017年09月

    1: 名無しさん@涙目です。(北海道) 2017/09/25(月) 23:15:56.31 ID:TyidNZVk0 BE:422186189-PLT(12015) ポイント特典
    オーラルセックスによる咽頭感染が問題となっている。

     性感染症に詳しい「プライベートケアクリニック東京」名誉院長の尾上泰彦医師はこう話す。

     「オーラルセックスだけでも性器クラミジア、淋菌(りんきん)感染症、淋病、ヘルペス、梅毒などの
    いろいろな病気にかかる可能性があるので要注意。現代はオーラルセックスの時代といわれます。
    口の中や咽頭は、性感染症の温床となるのです」(尾上医師)。

    ある20代男性会社員は6日前、風俗店でオーラルセックスをしたその2日後に、ペニスと亀頭部が赤くただれた
    ようになっていた。痛みやかゆみをともない熱もあったため受診した。性器ヘルペスに感染していた。別の男性は、
    オーラルセックスの後、亀頭部の症状に加えて、尿道からもウミが出て受診。性器ヘルペスと淋病の同時感染で
    あることがわかった。女性から男性へ、男性から女性の性器へと広がる性感染症。男性の唾液を通じて臀部(でんぶ)や
    乳房へ性器ヘルペスウイルスが感染した女性の場合、乳頭から乳輪にかけて赤いただれ(びらん)が多発し、
    ズキズキとした痛みもあった。

    ある30代の男性会社員は、風俗店でオーラルセックスを体験したのが5日前。その3日後からペニスが腫れて痛くなった。
    おしっこをする際に痛みがあり、下半身には違和感、発熱もあった。診察したところ、包皮が大きく腫れ、潰瘍やびらんで
    荒れた状態であった。尿検査で淋菌とクラミジアが感染を示す「陽性」だった。

    「性器ヘルペスの初感染と淋病、クラミジア性尿道炎と、オーラルセックスによる“ハットトリック”。まさに『口は災いのもと』です」(尾上医師)。

    https://www.nikkansports.com/leisure/health/news/1880111.html

    【風俗業界に激震、風俗嬢の性病がシャレにならないレベルで激増、チンポが腫れて痛くなる男性が激増 】の続きを読む

    このページのトップヘ