<logo

風俗

    複眼画像RSS

    2017年03月

    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/07(火) 18:11:32.479 ID:lNoCng6Md
    ①店選び
    →店選びはネット上で口コミサイト・掲示板等で多数情報があるところを選ぶ。どんな店でも全員が満足するような超優良店はそうそう見つからないが、悪質な店は必ず悪い情報がゴロゴロしているもの。まずはそういったハズレの店を確実に回避することが重要だ。

    まったく口コミがない店もあったりするが、そういうところは開店して日が浅い、もしくは集客がうまくいっていないということが考えられる。
    情報が集まらないうちは、避けるのが無難だ。

    基本的には風俗掲示板でスレが長く立っているところ、口コミが多いようなところを選ぶことを初心者にはオススメする
    19fcdc98

    【【初心者向け】デリヘルを呼ぶ前に知っておいてほしい10のコト【自宅編】】の続きを読む

    1: 三毛猫 φ ★@\(^o^)/ 2017/03/07(火) 00:04:44.46 ID:CAP_USER9
    女性自身 3/7(火) 0:00配信

    2月末の夕方。若者が多い都内繁華街のきらびやかなラブホテル街をひときわ目立つイケメンが
    歩いている……。マスクをしているので目元と鼻先しか見えないが、その眼力と高い鼻は俳優の
    満島真之介(27)!いま売出し中の若手俳優がなぜこんなホテル街に?
     
    満島といえば女優の満島ひかりの弟で、同じ事務所に所属する姉のマネージャーだった7歳年上の女性と、
    2年ほど前に結婚したばかりだ。

    黒のパンツに黒のパーカ、フードで頭をすっぽりくるんだ黒ずくめでまさに“完全武装”といった
    出で立ち。友人らしき男性と早歩きでホテル街の路地を何度も曲がり、5分ほどかけて結局、
    最初に見かけた場所に戻ってきた。そして、近くにある雑居ビルの一階の店舗に迷うことなく
    入っていった。

    店をよく見ると「デリバリーヘルス」とある。デリバリーヘルスとは、ホテルなどに客から
    指名された女性を派遣してサービスする風俗店。調べてみると満島たちが入った店は、
    最高級のギャルを派遣するというのを売りにしているらしい。

    店から出た満島と友人は、路地の奥にあるラブホテルに到着すると、裏口から入って行く。
    そして2人の後を追うかのように先ほどの店から派遣されたらしい女性が2人、今度は
    正面の入り口から入って行った――。

    結婚わずか2年目で目撃された「ラブホ浮気」。満島の妻は目鼻立ちのはっきりした美人で、
    タレントや芸能関係者からも信頼の厚い、敏腕マネジャーだったという。結婚した経緯について
    満島は、本誌のインタビューでこう語っている。

    「『どうもはじめまして』で、『うわ、この人と一生一緒にいるわ』ってそれだけです」

    まさに“運命”だった妻との出会い。しかし、満島はわずか2年でその妻を裏切ってしまったのだ。
    満島と友人が店に入ってから約2時間後。女性たちがラブホテルから出てきて、店の方へ
    戻っていく。その直後、携帯電話で誰かと話しながら友人と外へ出てきた満島は、フードを
    目深にかぶった姿で足早に街中に消えていった。

    本誌インタビューでは「誰にでも優しくしてしまう。でも、いちばん近くにいる人は
    おろそかにしてしまう……」とも語っていた満島。あまり度が過ぎると、取り返しの
    つかないことになるかも。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170307-00010002-jisin-ent
    20170307-00010002-jisin-000-2-view

    【【芸能】満島真之助 結婚2年目のラブホ浮気!風俗店の裏切り2時間】の続きを読む

    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/05(日) 17:37:10.683 ID:GovdSNvG0
    本当に激しく後悔してる
    安いところ選んだからしょうがないけど、出てきたのはパネルの面影が全くない三段腹のデブ
    騎乗位も重いし、手コキも痛いし、正常位も全然気持ち良くなかった
    やっぱ好きな子とじゃないセックスって全然気持ち良くないんだな
    素人童貞は童貞以上に価値ないし、金と時間を無駄にして童貞をドブに捨てた気分だわ...
    BKR_120724_06-300x250[1]

    【さっきソープで童貞捨ててきた】の続きを読む

    このページのトップヘ