<logo

風俗

    複眼画像RSS

    2016年05月

    1: チェーン攻撃(秋田県)@\(^o^)/ 2016/05/27(金) 23:14:13.66 ID:kqILAGHB0 BE:194767121-PLT(12001) ポイント特典
    26日深夜放送、テレビ東京「ヨソで言わんとい亭~ココだけの話が聞ける(秘)料亭~」には、2006年のトリノ五輪にスノーボード選手として出場したタレント・今井メロ(28)が
    ゲスト出演。当時の月収や、短期間ながら風俗嬢として働いた理由を語った。

    12歳でプロスノーボーダーに認定されると、2002年の世界ジュニア選手権で優勝。2006年に行われたトリノ五輪では予選敗退するも、国内トップ選手の一人として
    活躍した今井。当時の月収を訊かれると、「私の場合は大会で勝ってボーナス貰ってみたいな契約をさせて頂いていたので月に3本(300万)」と答えた。

    だが、五輪惨敗後の今井は世間のバッシングを受け、ストレス発散の矛先が散財に。
    「立ち直れず、お金の使い方も分かってないのに車買ったり飲みに行って。ここは私が貸しきるなんて言って好き勝手してしまったり。1日500万くらい(使った)。
    車はその日に買って、その後、友達の買い物に行って友達の物を買ったりとかしていました」

    こう語った今井は、「最初のうちは(貯金が)あったんですよ。だけどなくなってきて、風俗報道ですよ」と自ら切り出し、風俗嬢として働いた過去についても言及した。

    「友人の結婚式がありまして、その包みのお金を最低でもやっぱりっていうので。見栄張りっていうのもあったので10万は包まないと。“期待してるでー”なんて
    冗談で言われたことを鵜呑みにした。どうしようもなくなって風俗に飛び込んで3日間働いた」

    驚くことに風俗で働いた理由を「友人へのご祝儀」と明かした今井は、「ちょっとした事やし謝ればよかったものを子供過ぎて言えなくて」と弁解も。
    尚、その風俗では15万円を稼いで辞めたという。

    http://news.livedoor.com/article/detail/11572584/
    0ed0a3787c1f8cd2689f6dddb1414717

    【今井メロ、風俗に務めた理由は友人のご祝儀を稼ぐため】の続きを読む

    このページのトップヘ