<logo

風俗

    複眼画像RSS

    2014年07月

    1 : キン肉バスター(dion軍)@\(^o^)/:2014/07/04(金) 21:05:59.07 ID:MTY5V4yj0.net ?PLT(12121) ポイント特典

    ばしば働くことが悲劇の結末として描かれる性風俗。悲観的なイメージを持たれがちですが、
    そこで働く女性たちは、仕事の辛さややりがいを他の仕事と同様に抱いています。
    彼女たちのやりがいを感じる瞬間と、セックスワーカー支援団体「SWASH」代表の要友紀子さんの
    コメントとともに彼女たちが直面するリスクや悩みを紹介します。

    「この仕事をしていてよかった」と思ったこと

    1.仕事の成果が見えて自信が得られやすい
    ランキング上位になり、自分の存在価値が見出せた (20代・元ソープランド勤務)
    リピーターの存在から、自分を必要としてくれる人がいると気づいた (20代・ホテルヘルス勤務)

    2.お客様の気持ちに寄り添える
    来店時より明るい表情で帰ってくれた (20代・ホテルヘルス勤務)
    『妻と死別した寂しさを癒された』と言ってもらえた (20代・ 元ソープランド勤務)
    誰にも相談できなかった悩みを打ち明けてくれた (20代・ソープランド勤務)

    3.仕事量に収入が比例する
    夢に早く近づける (20代・元遊郭勤務)
    家族を助けることができる (20代・元ソープランド勤務)

    4.様々な人生模様を知れる
    お客様やスタッフ、他の女の子など、たくさんの人生を聞ける (20代・ホテルヘ ルス勤務)
    例えば経営者など普段話す機会のない大人と話ができる (20代・ホテルヘルス勤務)

    このように、人との出会いや成果が見えることにやりがいを感じる方が多いようです。一方、リスクや独特の悩みもつきものです。

    step3_pic[1]
    【性風俗嬢のリアルな声「この仕事をしていてよかった」と思ったこと 「仕事の成果が自信につながった」】の続きを読む

    このページのトップヘ